乳酸菌でアレルギーやインフルエンザの対策や予防が出来るって本当?

乳酸菌は腸の中の善玉菌を増やして腸の働きをよくしてくれるという効果はよく知られています。

腸の働きをよくすることができるので、便の排出をスムーズにすることができ、便秘の解消といった効果が期待できます。

便秘が解消されて腸の中に善玉菌が増えてきれいになっていくと、さらに庁は活発に働いてくれるようになるので、新陳代謝もよくなり消費できるカロリーを増やすことができたりと太りにくく痩せやすい体質にも変化させていくこともできます。

また腸がきれいになっていると、悪玉菌を減らすことができ、老廃物などもきちんと排出することができるので、食事などで補給した栄養素をしっかりと体に吸収することができるようになります。

しっかりと栄養素を体に吸収することができると血液の状態もよくなり、体中にしっかりと栄養素を運ぶことができるようになりますので肌の調子がよくなったり、肩こりなど筋肉が凝り固まってしまうことで起こる様々なコリなどを解消することにもつながっていきます。

乳酸菌は種類によって働きが違ってくる

一言で乳酸菌とまとめていってしまいがちですが、乳酸菌には様々な種類があり、現在でも新しいものが見つかったり新発見される働きなども多くあります。

乳酸菌には前述したように、便通をよくして便秘を解消してくれる効果が期待できるものや免疫力を高めてくれるもの、美肌効果といったもののほかに、病気の予防にも効果を発揮してくれる可能性がある種類のものもあります。

例えばアトピーの症状を軽減してくれる効果が期待できるものや、花粉症の予防といったアレルギーを抑えてくれる働きが期待できるものがあります。

その他にも免疫力を高めてくれるものがあることから、インフルエンザといった感染症対策にも効果があるという研究結果があるのです。

即効性はないの毎日乳酸菌を摂り続けるのが基本

ただこれらの効果は即効性があるわけではなく、あくまでも毎日ヨーグルトなどを食べていることで、体の免疫力を徐々にアップさせていくことができるといったものになります。

特に花粉症対策の場合は、花粉症の症状が出たからヨーグルトを食べるといった感じでは症状を抑える効果はあまりないのです。

乳酸菌を取ることを習慣にしていることで、体質も改善させていくことができるので、長く続けていくことが大切になります。

また、たくさんの種類があるのでどれが自分に合っているのかそれぞれの体質にもよります。

ヨーグルトなどを食べて補給をするときには自分に合ったものを見つけることが大切です。


腸内環境が改善されるとどんなメリットがあるの?