乳酸菌の種類について

美容や健康を気にしている人が、普段から積極的に取り入れているのが乳酸菌です。

乳酸菌とは、オリゴ糖などの糖を使って乳酸をはじめとした酸を作り出す菌の総称になります。自然界に広く存在しており、食品加工などに利用されるほか、人間の体内で善玉菌として働き体調を整える効果を期待することができます。

乳酸菌を積極的に取り入れることで腸内環境を整えることができるとして、近年注目されています。腸内環境が整えば便秘や下痢の改善、免疫力の向上、ニキビや肌荒れを予防する効果などが得られます。

ただし注意したいのが、一言で乳酸菌といっても一種類だけではなく、200種類以上もの菌が存在しています。菌の働きはそれぞれ違い、体質に合わないものもあるため注意が必要です。

乳酸菌は大きく3つに分類できる

乳酸菌自体は大きく三つに分けることができます。

ビフィズス菌は他の菌から独立していると分類され、主に大腸で活動します。便秘の防止や病原菌を体外に排出する働きがあります。

ラクトバチルスは小腸の腸管で免疫を活性化させます。遺産に強い性質を持ち、胃ではピロリ菌を除去するのに役立ちます。

ラクトコッカスは主にコレステロールを下げる働きがあります。

この三つの分類にそれぞれの菌が属しており、その種類によって効果や効能が変わってきます。

それぞれの乳酸菌はどんな働きをする?

便秘にポピュラーなのがビフィズス菌です。ヨーグルトなどに添加していることが多く、菌のエサになるオリゴ糖と一緒に食べることでより高い効果を得られます。

ダイエットにはガセリ菌SP株などが有名です。ヒト由来の菌で、生きたまま腸に届き長くとどまることが科学的に証明されています。

美肌効果を得たい場合には、LK-117がオススメです。日本酒の醸造過程で生まれるもので、この菌によって生成されるα-アミノ酸が肌の角質層のバリア機能を補って、保湿を促す効果があります。

ストレス解消に効果的なものもあります。プレミアガセリ菌CP2305は、便秘や下痢などの症状を改善するのと同時に、不安感を抑えて睡眠の質を改善する効果や、ストレスホルモンの分泌を抑制する効果があるのがわかっています。

様々な乳酸菌がありますが、中には胃酸に弱いものもあるため、食後の胃酸が薄くなった時に摂取するなどの工夫をすることでより高い効果を期待できます。

また、薬ではないため即効性がないことから、自分の体質に合っている菌の含んでいるヨーグルトや乳酸菌サプリ、ドリンクなどを毎日摂取することが大切です。